フランス映画『ナイト・オブ・ザ・スカイ』

★前田有一の超映画批評★』を読み、ヒコーキ好きにお勧めらしい映画『ナイト・オブ・ザ・スカイ』を観てきました。
公開直後ですが、映画館の上映スケジュールを調べて、会社帰りに観ました。
普通なら公開直後には観ませんが、あっと言う間にロードショーが終わってしまう予感がしたので(笑)
『ジャーヘッド』も危なそうですから、こちらも早めに行かないと…。

私はフランス映画そのものをあまり観た記憶がありませんが、ヒコーキ物のフランス映画は間違いなく初めてです。
アメリカ映画のヒコーキ物は、最近では『ステルス』がありました。
オールCGとは言え素晴らしかったです。ストーリーはともかく(笑)
少し前には『トップガン』デジタルリマスター版も観ましたが、それほど素晴らしいと思えなかったのは時代の流れでしょうか。
『インディペンデンス・デイ』でのF-18の大活躍は、如何に荒唐無稽でも楽しめました。
テレビでは『アイアン・イーグル』シリーズを観る機会が多かったので、映像でのF-16の機動が、本物でもおもちゃっぽく思えてくるくらい(苦笑)
見慣れたアメリカ機ではなく、ミラージュ2000を主役にしたヒコーキ映画はどんなものか、期待しました。

そして実際に観たのですが、うーん、大満足です。
これはあくまでも、ヒコーキ好きのための映画。
少なくとも、あと一回は映画館で観たいですね。

正直言って、ストーリーはよく解りません。
いろいろと伏線はあるみたいですが、謎は謎のまま、説明されずに終わっています。
男女の仲も、何故かうまい具合に進展しますし(謎)

でも、観るべきところはとにかくヒコーキ!
ファーンボロ航空ショー(という設定)で演技するレッドアローズ!
フランス革命記念日で三色旗を引くパトルイユ・ド・フランス!
ミラージュ2000Cの空中戦や、雲を突っ切る高機動!
アルファジェットでのフランス観光案内(笑)
政府高官はビジネスジェットやヘリを駆使して移動しますし、これでもか! と見せてくれます。
複座型ミラージュ2000Dは、射出座席に点火!
おまけでクロタル地対空ミサイルや空中給油機(KC-135?)、E-3セントリーの内部、ミラージュ2000のシミュレータまで登場。

いいですねぇ。うーん、いいです。
コミカルな部分もありますし、楽しめます。
でも客席は、それほど埋まっていません。
ヒコーキに興味の無い人には、厳しいかもしれませんね。
私が次回観に行く時まで、上映が続いていることを願います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック